05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「LORD EL CANTARE」は、サンタクロースの如く。 

本日、クリスマス・イブ。降誕祭の前夜祭。

イエス様が説いた教えは、愛の教えであり、


それは「EROS」ではなく、「AGAPE」。


(しかし、古代ギリシャにおいては、「EROS」とは、もともと「根源的な愛」いう意味であったらしいが。)



そのイエス様が

天なる父、わが父、わがアヴァと呼んだ存在が、

「LORD EL CANTARE」。



クリスマス時期になると、思い出すメッセージがわたしにはあります。


以下に抜粋させていただきます。

 




【仏言】「私は、サンタクロースのようでありたいと思うのであります。


 袋いっぱいに、いろいろなおもちゃなどを入れて、

毎夜、一軒一軒の家の屋根にのぼり、煙突のなかに入り込み、

暖炉を通って居間に出て、ツリーにぶら下げられた靴下のなかに、

いろいろなプレゼントを入れてあげたいのです。


 その際に私がいつも悩むことは、どんな大きな袋を持ったとしても、

プレゼントが入りきらないということです。

日本の国に、あるいは世界全体に、

私のプレゼントを待っている子供たちがどれだけいるだろうかと考えたときに、

私は「もっと大きな袋があれば」といつも思います。



ーーー(中略)ーーー



「ほんとうは、仏の愛を待っている人が全国各地にいるのです。

一億二千五百万人が待っているのです。

あるいは、世界六十億人が仏の愛を待っているのです。


 いま、こうした時代に私は生をうけ、生きています。

そして、仏からのプレゼントを、

できうるならば一人でも多くの人に手渡したいと思います。

一人でも多くの人の靴下のなかに入れて歩きたいと思います。



 しかし、袋に入るプレゼントの数は知れています。

それがサンタクロースのいちばんの悲しみです。

無限の愛を与えたくても、無限の愛を与えるすべがない。

それがいちばんの悲しみであるとも言えましょうか」



 経典『愛の原点 優しさの美学とは何か』 

第8章 愛と光と優しさと

 2節 愛は風の如く  より抜粋。
スポンサーサイト

[edit]

「一日一生」を念う。 

いきなりですが、

今日、11月30日という日は、「一日一生」という言葉をかみしめる日としてみたい。



①『新約聖書』 日本聖書教会刊

 マタイによる福音書 第6章 34節より、


イエス様の言葉の抜粋。


「だから、あすのことを思いわずらうな。

あすのことは、あす自身がわずらうであろう。

一日の苦労は、その日一日だけで充分である。」




②内村鑑三著 『一日一生』 教文館刊

 この書籍は持っていないのですが、いろいろ調べてみると、


「一日は貴い一生である。これを空費してはならない。」

で始まる序文があり、

 内容は1ページに聖句とそれに関係する内村鑑三の短い文章がセットになっており、1日1句で、366日分あるようです。



③大川隆法著 『愛の原点 優しさの美学とは何か』 幸福の科学出版刊

第5章 一日一生

 5節 新しい生活 4~6項より、以下抜粋。


「人間にとって一番怖いこと、恐ろしいことは何かというと、

外敵とか、

病気とか、

死とか、

そんなものではありません。


ほんとうにいちばん怖いのは、


日々の倦怠であり、

日々の怠惰な感情であり、

毎日毎日の平凡な生活です。」





 これ書いたからにゃあ、日々新生せんとなぁ。

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。