04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

新文明吟行 エル・カンターレ祭スペシャル(1)新世界建設 

通常、短歌日記「新文明吟行」は、その何周年の当日の前日にアップするようにしているのですが、

 今回シリーズで、過去17回のエル・カンターレ祭の御法話を、順に吟じてみたいと思います。



 それでは記念すべき第1回目。


 1991年12月26日、東京都文京区・東京ドームにて、

第1回エル・カンターレ祭開催(当時の行事名は、聖エル・カンターレ祭)


 御法話「新世界建設」を賜る。


その17周年を記念し、短歌を二首詠み、


大川隆法総裁先生を讃え、


仏神に奏上す。



★うるわしき 光の国は 地球なり

   人類皆の 希望は栄える


★その光明(ひかり) 荘厳(しょうごん)さ満ち あふれくる

   新たな教え 示されし今世(いま)


 
                     吟遊歌人 慧流太郎



【解説】


この御法話は、経典『理想国家日本の条件 宗教立国のすすめ』(大川隆法著 幸福の科学出版刊) 


第6章所収です。



 以前、会内経典ビデオが頒布されておりましたが、現在は絶版状態の模様。

 経典テープが頒布中ですが、

こちらは書店では取り扱っておりませんので、

最寄りの幸福の科学の精舎、支部・拠点・布教所までお問い合わせくださいませ。
スポンサーサイト

[edit]

« 新文明吟行 エル・カンターレ祭スペシャル(2)悟りの時代  |  「Eternal Success」考 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/12-a939d2b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。