09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

【短歌】東京北支部精舎説法「法輪転じる時は今」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2009.06.17 ★ 





 2009年6月17日、

東京都文京区・東京北支部精舎に、


主エル・カンターレ 大川隆法総裁先生が御巡錫なされる。


支部精舎説法「法輪転じる時は今」と、


「信者との対話(東京北対話)」を賜る。


その御説法一周年を記念し、短歌を三首詠み、


主エル・カンターレを讃え、

仏神に奏上す。


 【1】国難は 舞台装置さ 今世での


   奇跡の時代 証明のために


 【2】法難は いつの時代も 勲章なり


   国民(くにたみ)のため 恐れなどなし


 【3】主の法は 戦車の車輪 さながらで

   
   立ち塞ぐ存在(もの) 砕いて進む  
  
 
 

                          遊行歌人 慧流太郎



●今回詠まさせていただいた御法話は、

以下の経典の第7章に収録されています。



  幸福の科学グループ創始者 兼 総裁

 『宗教立国の精神 この国に精神的主柱を』

  幸福の科学出版 刊
スポンサーサイト

[edit]

« 【短歌】大川隆法インタビュー「ウチは創価学会より集票力がある」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2009.06.19 ★  |  【短歌】総合本部説法「「新・日本国憲法試案」講義」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2009.06.16 ★ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/191-eab421b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。