09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

10月7日ー墨子に見る愛と善 【The Daily El Cantare】 




 1990年10月7日、新潟県長岡市・長岡市厚生会館にて、

主エル・カンターレ 大川隆法総裁先生より、

御法話「悟りに到る道」を賜る。


 その御説法20周年を記念し、そのメッセージを抜粋・教学し、

今後の行動のための反省材料とさせていただきます。



【仏言】


 ここで私が言いたいことは、次のようなことです。

大国(楚)が小国(宋)の国を攻めようとしていることを知って、

攻められようとしている国の人たちを救いたいという気持ちを起こして、

彼(墨子)は行動しました。その国の人たちを戦争から救いたいという、

このときの救済の思い、これが愛なのです。

そして攻め込もうとしている国に行って、軍師、国王とわたりあって、

戦争を防ぎました。

「そういう侵略行為はいけない。人の道に悖(もと)るものである」

と力説して、智恵を使って防ぎました。

これが善なのです。



                経典『悟りに到る道』 138~139項より抜粋。




★ACTION POINT★



 2010年秋現在、現代の楚の国が、

中華人民共和国や、朝鮮民主主義人民共和国、

宋の国が、日本国のような状態になりつつあります。

愛の心と、善の心の両方でもって、

後れてきた帝国主義の国々の侵略から、日本を護り抜きましょう。
スポンサーサイト

[edit]

« 10月8日ー世界の背骨になるような宗教 【The Daily El Cantare】  |  『常勝手帳 2011』(ポケット版)についていないもの。(1)~(7) »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/216-14021a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。