04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

10月16日ー「仏陀の智慧」と「ヘルメスの智慧」 【The Daily El Cantare】 




 1994年10月16日、千葉県浦安市・東京ベイNKホールにて、

特別公開セミナーが開催される。

主エル・カンターレ 大川隆法総裁先生より、

御法話「幸福の科学的興国論」と、「質疑応答」を賜る。


 その御説法16周年を記念し、そのメッセージを抜粋・教学し、

今後の行動のための反省材料とさせていただきます。




【仏言】


 仏陀の智慧が「奥深い神秘の力」だとするならば、

ヘルメスの智慧というのは「智謀」です。

知恵をめぐらせて、いろいろな戦いをも

くぐり抜けていける智慧だったと思います。

いずれにしても、結果的には、

より多くの人々を幸福にするために智慧を使う生き方だと思います。

 リーダーシップとしては、

「仏陀(注1)か転輪聖王(注2)か」という違いがあって、

異なっているように見えるかもしれません。

しかし、結論としては、徳によって、

あるいは教えによって、多くの人々を導いていき、

そして幸福の彼岸に到達させるという目的は一緒なのです。
 
そして、どちらのほうに重点があるかということは、

われわれの取り巻く環境や、もし敵なるものが現れてきたら、

その敵の存在形態にもよるだろうと思います。
 
 しかしながら、最終的には、この世ならざる力、聖なる力をもって、

世の中をよくしていくという方向に、私たちのめざす方向があることは、

疑えない事実です。

 
       
        経典『幸福の科学興国論』

         第2章 質疑応答

           4 リーダーシップにおける仏陀型とヘルメス型の違い

            128~129項より抜粋。



(注1)仏陀:悟りを開いて、人々や世の中を救っていく人のこと

(注2)転輪聖王(てんりんじょうおう):インドで理想とされていた王様の姿。

武力によってではなくて、

その高貴なる徳によって人々を治め、他国を従える王のこと。



★ACTION POINT★


 ヘルメスは西洋思想の源流となりました。

仏陀(釈尊)は東洋思想のなかの核とも言うべき存在であり、

この西洋と東洋の核が、実は、共に

エル・カンターレという霊存在から出ているものであることを知ったとき、

人類は地球人としての悟りに目覚めるをえないでありましょう。

 より多くの方がたに、この考えに賛同し、

新しい救世運動に参画していただけるよう、伝道して参りましょう。 



〔参考文献〕


(1)経典『信仰のすすめ』

   第4章 愛は風の如くー“Love Blows Like the Wind”


(2)会内頒布経典『「信仰と愛」講義』 

   第2章 ヘルメスと仏陀


(3)会内頒布経典『「信仰と愛」の論点』

    第1章 ヘルメス論と四正道

      ③ヘルメスと仏陀
スポンサーサイト

[edit]

« 【短歌】総合本部説法「天命を信じよ」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2009.10.27 ★  |  10月15日ー凡人の自覚 【The Daily El Cantare】 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/225-c9170bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。