09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

「一日一生」を念う。 

いきなりですが、

今日、11月30日という日は、「一日一生」という言葉をかみしめる日としてみたい。



①『新約聖書』 日本聖書教会刊

 マタイによる福音書 第6章 34節より、


イエス様の言葉の抜粋。


「だから、あすのことを思いわずらうな。

あすのことは、あす自身がわずらうであろう。

一日の苦労は、その日一日だけで充分である。」




②内村鑑三著 『一日一生』 教文館刊

 この書籍は持っていないのですが、いろいろ調べてみると、


「一日は貴い一生である。これを空費してはならない。」

で始まる序文があり、

 内容は1ページに聖句とそれに関係する内村鑑三の短い文章がセットになっており、1日1句で、366日分あるようです。



③大川隆法著 『愛の原点 優しさの美学とは何か』 幸福の科学出版刊

第5章 一日一生

 5節 新しい生活 4~6項より、以下抜粋。


「人間にとって一番怖いこと、恐ろしいことは何かというと、

外敵とか、

病気とか、

死とか、

そんなものではありません。


ほんとうにいちばん怖いのは、


日々の倦怠であり、

日々の怠惰な感情であり、

毎日毎日の平凡な生活です。」





 これ書いたからにゃあ、日々新生せんとなぁ。
スポンサーサイト

[edit]

« 新文明吟行 2008.12.01  |  新文明吟行 2008.11.30 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/4-9b72723b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。