09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

【動物】 ライオン 『エル・カンターレ文明 動物事典』 ら行 

ライオンlion

・ネコ科の哺乳類。

・体長約1.8メートル。

・ふつう茶褐色で毛は短い。

・尾の端に黒い毛の総(ふさ)がある。

・頭が大きく、成長した雄(オス)にはたてがみがあるが、

雌(メス)はたてがみがなく体もやや小さい。


・百獣の王といわれる。

・草原に雌(めす)を中心とする家族群で生活、大形動物を捕食。

・アフリカからインドに広く分布していたが、

南アフリカの一部・モロッコなど絶滅した地域が多い。


獅子しし


慣用表現として、以下の二つを記述。


獅子身中の虫】(しししんちゅうのむし)

 獅子の体内に住み恩恵を受けている虫が、かえって獅子の肉を食って害をする意から、

仏徒でありながら仏道に害をすることのたとえ。

また、内部から災(わざわ)いを起こすもの。


★慣用句は、幸福の科学の根本経典、

『仏説・正心法語』

 ⑤解脱の言葉 「仏説・八正道」

に出てくる表現。


(ちなみに、『仏説・正心法語』は非売品であり、

当会で三帰誓願すると授与される経典三冊のうちの一冊です。

詳しいお申し込み方法は、最寄りの精舎、支部・拠点、布教所までお問い合わせくださいませ。)



獅子吼・師子吼】(ししく)

①〔仏教用語〕仏が説法されるのを、

獅子が吼(ほ)えて百獣を恐れさせる威力にたとえていう語。

 真理・正道を説いて発揚すること。

②大いに熱弁をふるうこと。



★1993年12月23日に東京都文京区・東京ドームでの御講演

「ネオ・ジャパニーズ・ドリーム」の際、大川隆法先生がお召しになられていた御法衣の、腰のベルトのバックルのデザインは黄金のライオンの頭の部分だった。


(ちなみのこの御講演は、経典『宗教選択の時代』(大川隆法著 幸福の科学出版刊)第8章に所収されています。)

 このときのお姿をモデルにしたエル・カンターレ像が御安置されている精舎は以下の通り。


・1997年11月2日に落慶した総本山・未来館エル・カンターレ像(2008年に特別祈願室階に遷座)

・2002年3月17日に落慶した総本山・未来館 特別祈願室 エル・カンターレ像 

・2002年8月27日に落慶した箱根精舎 エル・カンターレ像 

・2008年11月2日に落慶した総本山・未来館 新礼拝堂 大エル・カンターレ像




★1996年8月15日に発刊された経典、

 『仕事と愛 スーパーエリートの条件』(大川隆法著 幸福の科学出版刊)

第6章 休日の効果

 1節 静的な幸福

 2節 ライオン型の生き方に学ぶ

 3節 ベスト・コンディションで仕事をする


以上の各節で、たとえ話としてライオンが頻繁に出てくる。


★2003年9月27日に発刊された、

マンガ『ヘルメス愛は風の如く ー強敵との死闘』

(原著:大川隆法 漫画/ 美村あきの)

この漫画のかなりのコマで、ヘルメスの腰につけているベルトのバックルのデザインが、「ライオンの頭」らしきものである。



★2005年4月17日、沖縄県国頭郡に落慶した、

沖縄正心館の正面玄関両脇には「獅子像」がある。



★2006年4月15日、栃木県那須群那須町に、

総本山・那須精舎付属来世幸福園が開園し、

そこに建立された大ストゥーパの

前には、二本の柱頭に「大ストゥーパを護る獅子の像」がある。



★2007年4月17日に秋田県由利本庄市矢島(やしま)町に落慶した文殊館の玄関正面には、

獅子に乗る文殊菩薩像」が御安置されている。




★2007年8月18日、栃木県那須群那須町の総本山・那須精舎付属来世幸福園内に落慶した、

文殊堂の前には、二頭の獅子像がある。




★2007年12月23日に落慶した大阪正心館の入り口壁面に設置されているライオンの盾は、

「ヘルメス神の勇気」を表している。



★2008年2月27日に発刊された書籍、

 『不登校を解決する50のアドバイス 親のタイプ別処方せん あなたは「ライオン型」?「羊型」?』

(編=「エンゼル@ホームの会」/画=なんばらばん 幸福の科学出版刊) 


第4章 「ライオン型」の親への20のアドバイス

第6章 共通の15のアドバイス


以上の各章において、不登校のこどもを持つ「ライオン型」の親に対する助言が掲載されている。



★2008年11月17日に発刊された経典『経営入門 ー人材論から事業繁栄までー』(大川隆法著 幸福の科学出版)の表紙カバーには

エンブレムがあり、中央下に王冠をかぶった「獅子の頭」と、左脇には「獅子の全体像」のデザインである。




★2009年1月1日付けで発刊された経典、

『勇気の法 熱血火の如くあれ』(大川隆法著 幸福の科学出版刊)

の表紙に施されたライオンのエンブレムは、勇気の象徴である。



スポンサーサイト

[edit]

« 【短歌】千葉北部支部精舎説法 「信仰が試される時」を詠む。  ★エル・カンターレ文明吟行 2008.01.05★   |  【短歌】松尾芭蕉の霊言 「無限なるものの発見」を詠む。 ★エル・カンターレ文明吟行 1988.01.03★ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/54-b0005291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。