07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

【短歌】新宿精舎説法 「人材の条件」を詠む。 ★エル・カンターレ文明吟行 2008.02.11★ 

 2008年2月11日、東京都新宿区高田馬場・新宿精舎に、

大川隆法総裁先生が御巡錫なされる。


 精舎説法「人材の条件」と、「信者との対話(新宿対話)」を賜る。


 その1周年を記念し、短歌を一首詠み、

大川隆法総裁先生を讃え、

仏神に奏上す。



★人生は 王道のみが 近道で

   覇道行くのは 遠回りなり


                     吟遊歌人 慧流太郎



【解説】

 2008年2月11日に、大川隆法総裁先生は、新宿精舎において、


青年層を対象に開催されたビジネス・パーソン・パーソンにご登壇され、

人材の条件」と題した法話を説かれました。


 法話では、「本物の人材」となるためには、知識や技術以上に、人間としての「誠実さ」「透明な心」が必要であることが説かれました。

 心を曇らせない戒めとして、孔子が説いた四つの悪にふれ、それを克服していく道が示されました。

四つの悪とは、

 克(こく)ー人に勝とうとする心

 伐(ばつ)ー自慢する心

 怨(えん)ー憎む心

 欲(よく)ー貪(むさぼ)りの心であり、

ビジネスエリートが持ちやすい心であることを指摘されました。

これらを克服し、立派な人間へと成長してほしいと語られました。



以下、法話よりの抜粋です。


【仏言】「正々堂々、王道を歩んで成功する」ということを考えてください。

一時期、遠回りに見えても、それが長く成功しつづける道です。


(法話「人材の条件」より)




 この法話「人材の条件」は、新宿精舎で開催中です。



 詳細は最寄りの幸福の科学の精舎、支部・拠点・布教所までお問い合わせくださいませ。


≪参考文献≫ 月刊「幸福の科学」2008年4月号 (宗教法人 幸福の科学刊) 17項
スポンサーサイト

[edit]

« 【短歌】高知支部精舎説法「堂々とした人生」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2008.02.16 ★  |  【短歌】横浜中央支部精舎説法 「朝の来ない夜はない」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2008.01.26 ★ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/59-088a7caa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。