07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

【短歌】高知支部精舎説法「堂々とした人生」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2008.02.16 ★ 

2008年2月16日、高知県高知市・高知支部精舎に、

大川隆法総裁先生が御巡錫なされる。


 支部精舎説法「堂々とした人生」と、「信者との対話(高知対話)」を賜る。


 その1周年を記念し、短歌を一首詠み、

大川隆法総裁先生を讃え、

仏神に奏上す。



★先を読み 地球(ほし)の行く末 案じては

   すぐに備えよ 隣国(となり)の火種

      
                    吟遊歌人 慧流太郎



【解説】

 2008年2月16日に、大川隆法総裁先生は、高知支部精舎を御巡錫され、

「堂々とした人生」と題した法話を説かれました。

 
 高知ゆかりの偉人である坂本龍馬の業績にふれながら、

構想力の大切さ、そして、日米関係やアジアの情勢をはじめ、

今後の世界情勢の見通しと日本が取るべき道を説かれ、

真なる繁栄を実現する願いが述べられました。


 
 以下、法話よりの抜粋です。


【仏言】「これからは、構想力の時代です。

『五十年、百年先を見て構想を立てる人がいる』ということが、

とても大事です。」


(法話「堂々とした人生」より)




 
 この御法話は、高知支部精舎および、

全国の精舎にて、経典DVDによる個別対応等で拝聴可能です。


(場合によって、全国の幸福の科学の支部に経典DVDが収蔵されていることがあり、拝聴可能な支部もあります。)



 詳細は最寄りの幸福の科学の精舎、支部・拠点・布教所までお問い合わせくださいませ。


≪参考文献≫ 月刊「幸福の科学」2008年4月号 (宗教法人 幸福の科学刊) 19項
スポンサーサイト

[edit]

« 【短歌】天御中主神の霊言「神の子の自覚を持て」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 1984.02.18 ★  |  【短歌】新宿精舎説法 「人材の条件」を詠む。 ★エル・カンターレ文明吟行 2008.02.11★ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/60-0e70e294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。