09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

【短歌】東京正心館説法 「宗教教育の理想について」を詠む。 ★エル・カンターレ文明吟行 2008.03.02 ★ 

2008年3月2日、東京都港区高輪・東京正心館をメイン会場として、

「幸福の科学学園創立祈念大会」が開催される。

その大会の冒頭にて、大川隆法総裁先生が御登壇なされる。


 精舎説法「宗教教育の理想について」を賜る。


 その1周年を記念し、短歌を一首詠み、

大川隆法総裁先生を讃え、

仏神に奏上す。



★那須ふもと 出ずる光は あふれ来て

 流れゆくさま 大河のごとく


                     吟遊歌人 慧流太郎



【解説】

 2008年3月2日に、幸福の科学学園中学・高校の設立に向け、

全国の会員が思いを一つにする「幸福の科学学園創立記念大会」が、

東京正心館をメイン会場として、全国75カ所の精舎と支部精舎で開催されました。

大会の冒頭には、大川隆法総裁先生が、「宗教教育の理想について」と題した法話をされ、

今後、幸福の科学が進めていこうとしている教育事業の具体的構想が明かされました。


 宗教は「人物をつくる」ということに情熱を燃やすべきであり、

信仰心を教え、日本を代表する国際的人材をつくる」という教育の理想を示されました。

また、「教育は植林のようなものであり、学校を創ることで、長期にわたって有為な人材を世の中に送り続けることができる」と、教育事業への期待感をこめて語られました。」


優秀であって、信仰心があり、愛の心を持っている徳力のある人間、

チャレンジする創造性の高い人材を輩出したい


ー理想の教育にかける総裁先生の情熱に、集まった信者も希望をふくらませました。
 


 以下、法話よりの抜粋です。


【仏言】「幸福の科学学園から、

「日本を変え、世界を変えていこう」という意欲に満ちた人材を

どんどん輩出していきたいと思っています。」



(法話「宗教教育の理想について」より)




 この法話は、東京正心館にて経典DVDにて個別対応で拝聴可能かと思いますが、

他の精舎でもできるかもしれません。



 詳細は最寄りの幸福の科学の精舎、支部・拠点・布教所までお問い合わせくださいませ。


≪参考文献≫ 月刊「幸福の科学」2008年5月号 (宗教法人 幸福の科学刊) 28~30項
スポンサーサイト

[edit]

« 【短歌】「永遠の法灯を掲げて」を詠む。 ★エル・カンターレ文明吟行 1991.03.07 ★  |  【短歌】西東京支部精舎説法 「勇気さえ持てば運命はどうにでもなる」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2008.02.26 ★ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/65-2e448b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。