05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

【短歌】「降魔成道の地・名古屋記念館落慶」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2003.05.05 ★  


2003年5月5日、愛知県名古屋市に、名古屋記念館が落慶する。


その6周年を記念し、短歌を十六首詠み、



主エル・カンターレと、


幸福の科学指導霊団を讃え、


仏神に奏上す。



 【1】うずたかく 積まれた箱を 後ろにし


  高級霊と 対話の日々を


 
 【2】名古屋には 神という神 臨まれて


   珠玉の叡智 降ろされたもう



 【3】襟巻きし 原稿入れた あのポスト


  今も便りを 入れてるだろか


 
 【4】三日三晩 魔との対決 しながらも


   商社激務を 平然と成す
  

 
 【5】魔の頭(かしら) 打ち砕くには 不退転


   固い決意で 絶対勝利を 


 
 【6】魔を降し 釈迦の悟りを 超えられて


   大悟二回目 迎えた聖地 


 
 【7】おひとりで 読書されたり 付き合いで


  食事もされた 喫茶店のらん



 【8】ゆかりある 喫茶店らんの おすすめは


   卵サンドと ミルクティーだよ


 
 【9】masterが 淹れた珈琲 嗜みて


   我がMASTERに 思いをはせる


 
 【10】カラオケや 酒の誘いを 受けながら

  
   修行時代を 全(まっと)う成される


 
 【11】机にも ベッドにおいても 本の山

 
   寸暇を惜しみ 学びに励む


 
 【12】名古屋では 玉子焼きがね 食べたいな


   砂糖と醤油 少し多目の


 
 【13】名産の 宮きしめんに 舌つづみ


   名古屋の寮母(はは)の 笑顔が浮かぶ


 
 【14】東京に 出張の際 お土産は


    甘いお菓子で ひよこのかたち 

 
 
 【15】御仏の 愛のあとさき ほとばしり


    偉大な悟り 後の世までも



 【16】いつまでも 二足の草鞋  履けないと


   想い残して 真理の道へと



                         吟遊歌人 慧流太郎
スポンサーサイト

テーマ: 日記

ジャンル: 日記

[edit]

« 【短歌】松山支部精舎説法「幸せになろう」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2008.05.11 ★  |  【短歌】総本山・日光精舎説法「何が問題なのか」を詠む。 ★ エル・カンターレ文明吟行 2003.05.04 ★  »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jyousyoutecyou.blog90.fc2.com/tb.php/81-6fba4c43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。